作成者別アーカイブ: yu

一日目

天気のいい、自転車日和。新婚旅行一日目は恵比寿のうちから出発。これから西へ西へとむかう旅が始まります。

カテゴリー: 日本 | コメントをどうぞ

ちりめん丼と女風呂

カテゴリー: 日本 | コメントをどうぞ

インド時間はじまる

土曜日、早起きしてインドビザを申請にいく。 茗荷谷のインドビザアプリケーションセンターに10分前に到着。私たち、早め早めの行動で行列ができる前に、と目論む。 あれ、時間になったよね?

カテゴリー: 準備編 | コメントをどうぞ

今日は地図

「はてしない新婚旅行」のROUTEのページにこれまで自転車で走った軌跡を一本の赤い線でひくことができた! イメージでは簡単そうな表現も、ホームページ上でやろうとするとなんとももどかしいぐらい試行錯誤の連続。試行というより … 続きを読む

カテゴリー: 準備編 | コメントをどうぞ

旅のはなしはともだちと

これから行く国の情報は主にガイドブックから集め、見きれない分は写真に撮ってデータ化中。 そして、行って来た人の話は経験談だから、聞いていると旅の想像がよりふくらんでくる。 スペイン、ポルトガル、シリア、チベット、トルコ・ … 続きを読む

カテゴリー: 準備編 | コメントをどうぞ

窪川

窪川の朝、雨音がテントの中で強くなってきた。 携帯天気予報を確認すると、一日中雨でしかも強くなるらしい・・・どうしよか? 私はまだぬくぬく暖かい寝袋で、ちゃたの天気予報を聞いていた。 昨日の予報では今朝は大丈夫なはずで、 … 続きを読む

カテゴリー: 日本 | コメントをどうぞ

波のゆりかご

オリエントフェリーで下関港を11時48分出航。予定は12時と時刻表にあったけれど、人がそろって早まったのかな。中国の合理主義なのかしらー、と思ったりしつつ九州と本州の間を船は時速30キロちょっとで進んでいった。 これで、 … 続きを読む

カテゴリー: 中国 | コメントをどうぞ

青島の教え

フェリーは小雨の降る青島港についた。 タクシーに乗る前に、100元紙幣で何か買って細かくしておこうと、ちゃたは準備していた。けれど、その必要はないよ、と同じフェリーに乗っていた日本語を上手に話すリさんが言う。 全然止まっ … 続きを読む

カテゴリー: 中国 | コメントをどうぞ

上海 朋友ノ茶館

「写真を撮ってください」 ジェスチャーですんなり意味がわかった。 デジカメをうけとり、液晶を見て二人を上海博物館が入るように構図を決める。並んだ背の高い青年と学生っぽい女の子が並んで立つ。その距離はなんとなく離れていて、 … 続きを読む

カテゴリー: 中国 | コメントをどうぞ

ベビーコンロ

持ち物の中に、ベビーコンロという秘蔵っ子がいる。 自炊ができるように日本で買った、手のひらにすっぽり収まるくらいの電熱コンロ。螺旋状のコイルがぐるぐるとなっていて、電源を入れると赤くなって見える。出発前にパスタを茹でて成 … 続きを読む

カテゴリー: 中国, | コメントをどうぞ

その名も美食鍋

成都の秋葉原のような電気街で、これを見つけた時は心が躍った。美食家という名の電熱コンロ。ステンレス製のきれいな銀のつや。形もシンプル。大型スーパーでは小型の炊飯器が売っていて、初めはそっちのほうが候補に挙がっていたくらい … 続きを読む

カテゴリー: 中国, | 4件のコメント

チベットへ行きたい

「チベットへ行きたい」 そういう同じ目的の人を募って、ツアーを組むのがチベットへ行きたい旅行者にはおなじみらしい。今、チベットは、ガイドなしで自由に旅行ができなくなってしまったのだ。 4WDのドライーバーとガイドを雇い旅 … 続きを読む

カテゴリー: 中国 | コメントをどうぞ

チベット7日間の日程

ツアーの大まかな日程は、成都から青蔵鉄道で二泊三日。到着日を含め、ラサ三日。ヤムドク湖を経由してシガツェ一泊。オールドティンリ一泊。早朝エベレストベースキャンプで日の出、オールドティンリに戻り、国境の町ダムで一泊。翌日、 … 続きを読む

カテゴリー: チベット, 中国, <メモ> | コメントをどうぞ

ラサの巡礼

「冬のラサは遊牧民の巡礼者が来ていて、夏の観光シーズンとは違って、雰囲気がとてもいいですよ」と友人が言っていた。 寒い冬より、夏がいいのかなと思っていたけれど、行ってみて納得。私たちの初めてのチベット体験は観光客にもまれ … 続きを読む

カテゴリー: チベット | コメントをどうぞ

トレッキング1日目

12月23日 早朝:ポカラ発バスでカーレへ(バスがナヤプルまで行ってしまい、相乗りタクシーでカーレへ戻ったが)。10時頃:カーレから村の生活の道をトレッキング。学校に通う子供たち、薪を集めにいく村人にすれちがう。時々、人 … 続きを読む

カテゴリー: ネパール | 1件のコメント

トレッキング2日目

12月24日 朝食のレモンシュガーパンケーキがちょっとしたおいしい発見でうれしくなる。9時頃:ランドルック出発。棚田の間の石段を一気に谷まで下り、さらに一気に上りがあってガンドルック。眺め良し、ランチタイムもここで。 バ … 続きを読む

カテゴリー: ネパール | コメントをどうぞ

トレッキング3日目

12月25日 朝食のチベタンブレッドをほおばりながら山をながめる、おいしくて幸せなひととき。8時半過:タダパニ出発。今日は一日上りがメインだ、がんばろう。まずはいったん下り、その後緩い上りとやや急な上りを繰り返しながら、 … 続きを読む

カテゴリー: ネパール | コメントをどうぞ

トレッキング4日目

12月26日 朝5時半に起床してプーンヒルに上る、朝焼けの雲一つないタウラギリ・アンナプルナⅠ峰・アンナプルナサウス・マチャプチャレを眺めることができた。ロッジに戻りコーンブレッド&ピーナッツバターの朝食、おいしい!9時 … 続きを読む

カテゴリー: ネパール | コメントをどうぞ

トレッキング5日目

12月27日 朝食後、8時半:ティルケデュンガ出発。カラコロと荷物を運ぶラバの列。およそ1時間も歩くと、山の斜面を切り崩した広い道に出た。Ⅰ,2度上りがあるがほとんど下る一方。歩きやすいけど、砂埃がすごい。途中のお土産屋 … 続きを読む

カテゴリー: ネパール | コメントをどうぞ

ダッカで年越しカレー

バングラディッシュのダッカにて2012年を迎えることになりました。 大晦日の雰囲気がまるでないけれど、街の活気はどこもかしこも年末の上野アメ横のよう。ちょっと違うとすれば、そんなに急いでない感じか。ちゃたは、3週間ほど伸 … 続きを読む

カテゴリー: バングラディッシュ | 3件のコメント

ロケットスチーマー

デルタ地帯の大きな川をロケットスチーマーという外輪船に乗って一泊二日のクルーズ。 ちょうど1月1日、元旦に出発。

カテゴリー: バングラディッシュ | コメントをどうぞ

ピザ

バングラデシュのカレーはマイルドでおいしいし、焼きたてのルティも揚げたてのサモサも大好き。だけど、今はモリモリ食べるには体力がいるんだなと思う。いや、そんなにモリモリ食べなくたって体は十分維持できる。普段の私は食べ過ぎだ … 続きを読む

カテゴリー: バングラディッシュ | 1件のコメント

甘い紅茶

毎日こんなに甘いのを飲んだことはなかった。それにどちらかといえば、コーヒー派。 だけどネパール・バングラデシュ・インドに来て、ほとんど紅茶派になっている。まずは朝の一杯から。散歩すると立ち飲みのチャイ屋に吸い寄せられそう … 続きを読む

カテゴリー: インド | 5件のコメント

コルカタのネーネー

コルカタでインド声楽を習いに来ているエイリちゃんを訪ねた。   エイリちゃんは毎年コルカタに声楽を習いに来ていて、今年で5年目。長い時は3ヶ月、短い今回は1ヶ月、インド人家族のニルダとブルディーの家に滞在して歌 … 続きを読む

カテゴリー: インド | コメントをどうぞ

ヴァラナシのブルーラッシー

ヴァラナシの「ブルーラッシー」。大勢の観光客でにぎわう店に何度も通ってしまうことをいとわないほど、それはそれはおいしかった。    

カテゴリー: インド | 2件のコメント

アジャンタ・エローラ

5~10世紀にかけて、岩から掘り出された仏教僧院やヒンドゥー寺院。気の遠くなるような時間と人の手が尽くされてつくられたことを想像・・・どんな人たちだったのかな、信仰熱心に岩を掘り続けたのだろうか、仕事が終わると家族が待っ … 続きを読む

カテゴリー: インド | コメントをどうぞ

旅先で出会った、友達と再会

スリランカ、バンダーラウェラの学校で子供たちに環境教育の授業をしている。2年間の勤務もこの3月で終わり、私たちはその直前に訪ねることになった。忙しいのに彼女からのメールは丁寧で簡潔な説明と提案があって、思いやりがあった。 … 続きを読む

カテゴリー: スリランカ | コメントをどうぞ

Labookelie Tea Factory

スリランカといえば、セイロンティー。高原地帯にはライトグリーンの茶畑がひろがっている。紅茶工場も見学できるという。どんなところか行ってみたいな。

カテゴリー: スリランカ | コメントをどうぞ

World’s End

それは、Horton Plains national parkにあるという。「ワールズ・エンド」という名前にひかれてで行ってみたくなった。そして、早朝5時ヌワラエリヤ出発のタクシーを前日に予約、3800ルピー。奮発。

カテゴリー: スリランカ | コメントをどうぞ

アヤソフィア聖堂

ブルーモスク、アヤソフィア聖堂、トプカプ宮殿。一つの街にこの中の一つがあれば十分なくらい。それが一カ所に。しかも徒歩ですべて見て回れるイスタンブールってすごい。今は季節もよくて、観光客や遠足の子供たちでごったがえしている … 続きを読む

カテゴリー: トルコ | 2件のコメント

スルタンのアフメット1世のジャミイ

この「スルタンのアフメット1世のジャミイ(別名・ブルーモスク)」は今からおよそ400年前に建てられたジャミイ。イスタンブールで一番最初に目にとびこんできたその堂々とした外観をトラムの窓から見た時、こんな風景が現代の街と一 … 続きを読む

カテゴリー: トルコ | コメントをどうぞ

遠出〜ウフララ渓谷へ〜

「ツアーでないと行けないよ」と、イスタンブールの旅行代理店にも宿のオーナーにも言われたけれど、レンタルスクーターで行ってしまいました。約往復200キロ、東京から静岡くらい。よく走ってくれたね、スクーター。風きって走るのは … 続きを読む

カテゴリー: トルコ | コメントをどうぞ

コンヤ、到着・・・!

テレビで見た街歩きの番組で印象に残っていたのがトルコのコンヤだった。チャイ屋のデリバリー専用電話が街にあり、タクシーの運転手さんがお客を待っている間に歓談しつつガラスのコップでチャイを飲んでいる様子。公園のなかで写真を撮 … 続きを読む

カテゴリー: トルコ | コメントをどうぞ

カシュ 長居したくなる宿

バスターミナルを出て、歩き始めてすぐに声をかけられて、着いて行った宿「Ani Motel & Pension」。ほんとは二泊の予定が、カステロリゾ島の青の洞窟が気に入ったちゃたが「明日はここで泳ぎたい!」とボート … 続きを読む

カテゴリー: トルコ | 2件のコメント

はてしない渓谷歩き〜クレタ島・サマリア渓谷〜

サマリア渓谷。ヨーロッパでも有数の渓谷という前情報。クレタ島に渓谷?トルコのウフララ渓谷がとても楽しくて渓谷っていいな、と思っていたところ。イメージしたのはピクニック気分。 でも、この渓谷はちょっと違っていたのです。

カテゴリー: ギリシャ | 1件のコメント

天空の修道院 メテオラ

岩の上に建てられた修道院。ひとつだけじゃなく、歩いて見て回れるところに六つもある。14世紀ごろここにひとりの修道士がやってきて建てたのがきっかけで、次々と修道院がつくられた。 

カテゴリー: ギリシャ | コメントをどうぞ

モンテネグロ、緑の森と海と気さくな笑みのコトル

モンテネグロのコトル。 深い入り江、山は木々に覆われ濃い緑、そして海は群青色。まるで湖畔みたい。

カテゴリー: モンテネグロ | コメントをどうぞ

アドリア海の真珠、ドブロブニク

バスからドブロブニクの街が見えた時、思わず席から身を乗り出してしまった。バスの中からは、うまく撮れないと分かってても窓の向こうの景色に向かってシャッターを押したくなる。明日はこの旧市街を訪れるのに待ちきれない気持ち。 ( … 続きを読む

カテゴリー: クロアチア | コメントをどうぞ