琵琶湖、集落めぐり

ホテル? 研修施設? けっこう大きな建物だけど、泊まっているのはわれわれだけ? でもまあ居心地が悪いわけじゃない。いがいと快適な宿、コンファレンスセンター。朝ごはんをのんびり食べて、出発したのは10時前。昨日に引き続き琵琶湖を走って京都まで。雲行きはあやしい。1日もってくれるだろうか。

琵琶湖の周辺を地図で眺めていたとき、このあたりの集落に特徴があることに気づいた。家々が密集し塊を作っていることが多いのだ。昨日訪れた石寺地区などぎゅっとかたまっているばかりか、ぐるりと周囲を水路で囲っていた。ずっと湖畔を走るのもいいが、すこし寄り道をして集落をめぐってみてはどうだろうか。

秀作

出発してすぐにこの標語。よくありがちな場面を的確に表現する秀作。今日もあせらず、のんびりいこう。そして1つ目の集落在家町。ここもやっぱり赤と黒の塀がちらほら。なかでも目を引いたのがこちらのお宅。家の前にたくさん並んだプランターや鉢に、なにやら小さなプラカードが掲げてある。

赤と黒、その先にプランター

それぞれなにか書いてある

そのとおり!

集落の外は広々した麦畑や水田。

ちょっと寄り道

麦秋

集落の中は細い路地が迷路のようになっていて楽しい。そしてたまに目を引くものに出会う。

花に傘

ウサギ?

季節のものが横断中

われわれはオリエンテーリングに夢中

あれ?

あれあれ?

あれあれあれ?

イオンモール草津のミスタードーナツで休憩の後、橋を渡って琵琶湖横断。湖畔の遊歩道を通って大津へ。ここからひと山越えれば京都だ。この頃にはついに雨が降りだす。久しぶりの国道1号で峠をこえ山科。三条通りを市内へ走り鴨川を渡る頃には日も暮れかけていた。いつのまにか新京極の人ごみに紛れ込んでしまうも、なんとかわれらのひいき、スーパーホテル四条川原町に無事到着。74.4km 9時間

雨の中

新京極に紛れ込む

カテゴリー: 日本   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です