海の上のはざまの国

下関国際フェリーターミナルで出国手続きを済ませフェリーに乗り込むと、そこはもう半分外国だった。食堂のメニューや石けんの香り、今までの日本の暮らしの中のものとは、なにかが少しだけちがう。でもすっぽりと中国に包み込まれたわけでもない。ここは日本と中国のあいだにある緩衝地帯。海の上のはざまの国だ。30時間、時速およそ40キロでのんびりと西へとすすむ。波のない穏やかな夜の対馬海峡。

 

カテゴリー: 中国   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です