雨のタイムレース

今日は関西の旅最後の日。大阪から神戸空港へ。飛行機は15時15分。距離は40kmほど。外は土砂降り。これはいがいと時間がないぞ。

土砂降りの中

今日は路地裏をのんびりというわけにもいかず、一部ルートを変更して前半は幹線道路をすすむ。淀川を渡り、さらにいくつかの橋を越えて兵庫県へ。それにしても今日はよく降る。おまけに昨日からタイヤの調子がよくない。チューブに小さな穴があいているらしく、少しずつ空気が抜けていく。兵庫にはいってすぐに甲子園。ぐるっと一周。熱烈な阪神ファンではないし、高校球児でもなかったが、春や夏にはテレビでよく高校野球を観た。こうして実際にきてみると感慨深い。いつかまた来て試合を観てみたい。

甲子園にて自転車修理

三宮近くのとある商店街。例の読む地図を片手に一瞬足を止め、あたりを見回した瞬間、スーツを着たサラリーマンのおじさんが、「大丈夫ですか」とすかさず声をかけてくれた。これはうれしかった。見ず知らずの旅行者に一瞬の判断ですぐに声をかけてくれる。昨日も今日も雨続きで、関西はずっと雨の思い出。そこにこのおじさんの鮮やかなワンプレー。関西人の株が一気にあがった。おじさんありがとう。

三宮から南下しポートアイランド。さらに大きな橋をわたって神戸空港。飛行機出発の1時間半前にきっちり到着。終わってみるとあっという間の関西の旅も無事終了。

41.8km 5時間

神戸空港

カテゴリー: 日本   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です