オリエンテーリングで日が暮れる

3日目、朝7時前に出発。雨。淡路島と徳島の間に架かる鳴門大橋は自転車で渡れないため、橋の1区間だけハイウェイバスに乗る。1時間かけてバス停へ。自転車をばらしバスに乗ったのが9時。およそ5分で鳴門大橋を渡り、あっという間に降車。猛烈な土砂降り。屋根のある小さなバス停で1台ずつ自転車を組み立てる。今日はどうなることか・・・

土砂降りの鳴門大橋

雨の中、10番目の県、徳島を走り出す。大塚美術館を横目に坂を下りもうひとつ橋を渡って、いよいよ四国上陸だ。ショッピングモールで休憩ののち、鳴門の町をゆく。鳴門の郊外は一面の芋畑。鳴門金時だ。

鳴門金時

鳴門から徳島市内にかけて、四国三郎、吉野川をはじめいくつもの川が網の目のように流れている。土手や橋をいくつもこえて徳島市内へ。

少し雨上がる

14時、すっかり腹ペコでようやく昼食。うどん山ろく、徳島においしい讃岐うどん有り。すっかり満足。

ボリュームを求めた2人のセレクト

さらに徳島駅前にて大判焼き発見。6個購入。デパ地下で夕食用のお弁当も手に入れる。貪欲だ。

自動大判焼き機

市内のウッドデッキ

すでに15時を過ぎているが、今日はまだまだ先は長い。徳島を南下し小松島へ。細かい路地をいくつも曲がり、漸進。なかなか距離は稼げないが、いい路地をいくつも発見。ようやく天気も回復してきた。

あじさいの季節

学校がえり

植物あざやか

日没前、ようやく太陽が顔を出す。久しぶりの陽の光。夕方だが、なんだかすがすがしい。やがて雲が染まり、なにげない風景が絶景になった。

一瞬の出会い

夕日に染まる

むらさきの世界

すっかり暗くなった20時前、ようやく今日の宿、阿南プラザインに到着。疲れきったわれわれを温かく迎えてくれたフロントのおねえさんに感謝。77.6km 13時間

カテゴリー: 日本   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です