濁流四万十川沿い

土砂降りの雨もひとまず上がり、今日はなんとか出発できそうだ。2泊してなんだかあいちゃくのわいた窪川の公園を9時に出発。70km先の江川崎のキャンプ場をめざす。天気がもってくれるといいのだが。

テント干し

お米があれば生きられる

昨日の大雨のため四万十川は大増水。沈下橋もいまにも沈下しそうだ。今日もなるべく国道を避け川沿いを下流にむかってのんびり走る。のぼりがないので快調、快調。それにしても四万十川に清流の面影はなく、場所によっては濁流だ。

四万十川、大増水

柿と街道

天然酵母のパン屋にて昼食

うずまく濁流を見つめて

林間の道

雨もきまぐれに降ったりやんだり。ちょうど橋の下でカッパを着ると一瞬にして滝のような土砂降りに。あまりの降りっぷりと運よく橋の下に待機できた幸運でわっと気分がもり上がる。と同時に日が射して雨が上がる。

カッパを着ていると

土砂降り

すぐ晴れた

川幅いっぱい

タイムトンネル

おばちゃんこんにちは

今日はばっちり防水の袋にパッキンッグ

石垣の道

いろどり

見事な石垣

このあたりは平地が少ないためか、りっぱな石垣が川沿いのわずかな土地にだんだんに広がっている。川石を見事に手積してあるため、有機的な文様のようでうつくしい。道端の納屋をふと見れば、投網の手前にみかん箱。その上にはさみとめがねケースと土佐日記。 記憶にのこる旅の名場面の登場だ。

投網と土佐日記

雨やどりの家

そしてこちらは今にも足元をすくわれて流されそうな沈下橋。まるで世の中すべてがすごい勢いで流れさっていくかのような濁流。そのすれすれのところを綱渡りしている気分でペダルをふんだ。渡りおわってほっとした。

危険!

木々のトンネル

雨上がる

到着~

雨もあがった夕暮れに、今日の目的地 江川崎カヌー館のキャンプ場に無事到着。

近所の西土佐山村ヘルスセンターにて湯船につかる。

 

カテゴリー: 日本   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です