山酔い

高いところに行って空気が薄くなると、体に取り込む酸素の量が減ってしまい高山病になる。高山病の初期症状を山酔いというらしいが、今回ラサにてこの山酔いを体験した。

富士山の高さとほぼ同じ高度3700mのラサに着いて数時間、なんだか体がちょっと変だ。気分が悪いわけではないが良いわけでもない。少し、いやだいぶ頭がぼーっとする。階段を上ると体の動きが鈍くなり、酩酊感のような目眩におそわれる。これが山酔いか。全く食欲がないのだが一応なにか食べないと、とヤクのモモ(黒い毛むくじゃらの牛の仲間ヤクの肉が入ったチベットギョウザ)を食べたら、なにやら急に元気になった。その夜本格的に頭が痛くなったが、痛み止めを飲んだらすぐ良くなった。高山病にはヤクと痛み止めである。

カテゴリー: チベット   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です