黄山まさかの徒歩くだり

前日に宿で予約した乗り合いバンにて早朝に出発。1時間ほどで黄山に到着。

まずはロープウェイに乗って一気に山の上へ。入り口は大行列。ここもまるでテーマパークのよう。山の上は晴れわたり気持ちがいい。目の前には岩山がそびえ立つ。これは絶景だ。

いざ黄山へ

大行列

みごとな岩山

山の雄姿

石の階段を登ったり下ったりしながら岩山のあいだを進む。道はよく整備されていて危険なところはない。快適なハイキングだ。

人の列が見える

のんびりハイキング

あそこも登る?

こんな乗り物も

今日もいい天気

こんな隙間もくぐって

飛来石

ちまきうまい

よく晴れた空をよくみてみると、空気がみごとにくっきりと二層にわかれている。これはもしかして、よどんだ空気が下に溜まっているせい? ここはこんなにすがすがしいが、地上はいつもあのくすんだ空気に覆われているのだろうか。

くっきりと二層に

一日中岩山を歩き回り、だんだんと日も傾いてきた。さてロープウェイに乗って山を降りようと思ったら、なにやらようすがおかしい。どうやらロープウェイが動いていないようだ。黄山にはいくつかのロープウェイがあるのだが、いちばん奥にあるこのロープウェイは今日はなんと運休なのだという。今から他のロープウェイに向かうと帰りのバスに間に合わない。これはもう階段で降りるしかないぞ。

長い長い下りの階段

階段をひたすら下りていく。日は徐々にかげり、あたりはだんだんと暗くなる。階段はまだまだどこまでものびている。いったいどこまで続くかわからない。いいかげん階段を下りることに飽き飽きし、階段が大嫌いになるころに、ようやく、ようやく下界にたどり着く。なんと2時間も階段を下った。いそいで周遊バスに乗り、なんとかターミナルにたどり着くものの、なんとここから沌渓(とんけい)行く最終バスがすでに行ってしまったのだという。たしか行きは小一時間ほどバンで走ったよな。今日は帰れないってことか? この近くの宿に泊まるしかない?

途方にくれていると周遊バスの運転手のお兄ちゃんがタクシーなら帰れると助け舟をだしてくれる。しかしわれわれはそんなに現金を持っていない。バスの運ちゃんはそれではとタクシーの運転手に値段を聞き、途中でATMに寄るようにと手配してくれた。30歳くらいだろうか。てきぱきと親切なその姿に、なんだか体の疲れが吹き飛ぶようだった。屈託のないさわやかな人がいるもんだなあ。写真を撮っておけばよかった。

帰りのタクシーは高速をとばし、あっという間に沌渓に到着。すっかり夜になっている。今日はちまきとスナック菓子しか食べていない。腹ペコなので昨日の店に直行する。鍋には手を出さず、今日はチャーハンと水餃子とチンジャオロースにする。おいしかった。すごくおいしかった。しかし夜に腹をこわした。きっとあの屋台のせいだ。中国おそるべし。

 

沌渓→黄山 バス片道 18元×2

周遊バス 13元×2

ロープウェイ 80×2

入山料 230元×2

ちまき2個 10元

周遊バス 13元×2

タクシー 300元

チャーハン 水餃子 チンジャオロース 合わせて 20元

屋台のクッキー 8元

チヂミ風おやき 1.5元

宿代 95元

計1038元

カテゴリー: 中国   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です