トレッキング5日目

12月27日

ラバの隊列といっしょに歩こうかな

朝食後、8時半:ティルケデュンガ出発。カラコロと荷物を運ぶラバの列。およそ1時間も歩くと、山の斜面を切り崩した広い道に出た。Ⅰ,2度上りがあるがほとんど下る一方。歩きやすいけど、砂埃がすごい。途中のお土産屋で、カラコロ鳴るゴートベルを買った。あとすこしでトッレキングが終わる。12時:ナヤプル着。タクシー(250rp)を断り、バス(100rp)でポカラに戻る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちの行ったルートは、ポカラの宿Lonely Guest House のドォモさんが教えてくれたルート。歩き始めは標識もない村の中を歩くけれど、聞けばみな親切に教えてくれる。初日からアンナプルナサウスやマチャプチャレが見える。トレッキングの楽しさを十分に味わえる、また行きたくなるルート。とてもおすすめ!

カーレでバス下車、ランドルン、タダパニ、ゴレパニ、ティルケデュンガ、ナヤプル。このルートで上りがキツかったのはランドルンからガンドルンの谷を降りて上るとき。けれど、途中の村人との交流は気分転換になるし、今思えばたいしたことない、かな。

今回初めてのネパールでトレッキングで感じたのは、びっくりするほどロッジが整っていること。だから五日間のトレッキングで荷物もデイパックで十分だった。程よいところに休憩できる場所があるし、そこでチャーを飲んだり昼をとることもできる。行動食や水も必要以上に持つことはないなという印象。ロッジに泊まればおいしい食事ができるし(宿代の割に食事は高いけれど)、寒ければ布団をもう一枚借りれば寝袋も必要なと思う。ただ、高度の高いところでは朝晩かなり冷える。私たちはインナーダウンを持っていった。寝袋は着れないけど、これは寒いときにも着られたからコンパクトで大活躍。

カテゴリー: ネパール   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です