タージマハル

タージマハルの上半分は大きなタマネギの形をしている。

 

ちなみに大きなタマネギといえば武道館を思い浮かべる人も多いとおもうが、実際の武道館のタマネギは建物全体に比べてとても小さくて拍子抜けする。小さなタマネギと言いたくなる程の大きさだ。それに比べてタージマハルのタマネギのなんと大きいこと。このまるでこぼれ落ちんばかりのタマネギの大きさと形が、なんとも異国情緒、あるいは時代を超えた突拍子感をかもしだし、何度見ても飽きない。すばらしい。すばらしいタマネギ。ちなみに色といい形といい実際にはタマネギというよりむしろニンニクに近いものがあるが、やはりここはタマネギでお願いしたい。巨大なタマネギを載せた白い墓、タージマハル。

こちらは満月のタージマハル

完全に異世界でした。

 

カテゴリー: インド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です