プリトヴィッツェ湖群国立公園

あそこは世界でも三つの指に入る素晴らしい場所だよ。
今日はプリトヴィッツェに向かうと告げると、宿のトニーはそう言った。トニーは物事を大げさに表現するようなタイプではなかったが 、さすがにベスト3はどうだろうか。クロアチアはずっと海岸線を移動してきたので、少し趣向を変えてのんびり湖畔の散歩道を歩いてみようか。そんな調子で向かったプリトヴィッツェだが、実際に行ってみて、決して派手ではないが、トニーの言う通り本当に素晴らしい場所であることにすぐに気がついた。

 

森の小路を下っていくとまず目にとびこんできたのは幾筋もの滝と鮮やかな水面の色。
小川を流れる石灰分を多く含む水が石灰質化学沈殿岩となって、谷筋に棚田状の小さな湖をいくつも作っているのだという。

そして驚いたのが、澄んだ水と大量の魚!

まるで空を飛ぶ魚

小川にも

 

公園内は木道や遊歩道がよく整備されている。

 

滝で結ばれた16の湖は南北におよそ8kmに渡って続いているという
広大な敷地を今回はとても全部回れなかったが
機会があったらぜひまた訪れてみたい。

カテゴリー: クロアチア   パーマリンク

プリトヴィッツェ湖群国立公園 への1件のコメント

  1. 母ペン より:

    プリトヴィtッツエコグン国は、自然のげいじゅつですね。二人の姿と会話が見たいねぇ。地球を舞台に二人の新婚生活は如何かな?この数ヶ月で何か人生の伴侶として良かったとか、驚きの発見とかね。教えてネ。スイスは行くのかな?地中海方面だから無理かな?日本は凄く暑いです(;´д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です